2022年4月 5日 (火)

佐原とうなぎと

想い出話とともに。
唐突ですが、佐原に行ってきました。

Dsc_0596

(車で行きましたが、佐原感を出すために駅舎を撮ってみました。駅前も整備されていて綺麗です)

 

1.佐原と

佐原と言えば水郷の町ですよね。

Dsc_0597

個人的な興味もありましたが、花菖蒲が綺麗(水郷佐原あやめパーク・舟で花観賞ができる)という話を聞いていましたので、

「いつか二人で行ってみたいね」と話していた町です。

花菖蒲の鑑賞自体は地元・葛飾の堀切菖蒲園で願いが叶ったのですが、距離もあったので結局こちらは行けずじまい。

そんな心にひっかかりのある町ではあったのですが、速水伝の下調べをする中で不思議な縁を発見しました。

 

・速水の祖母が佐原の出身である

 

そして、

・速水の父が幼少期を過ごし、小学校にも入学

・戦後の一時期、速水祖父は川で鰻やウシガエルを捕って生計を立てていたらしい

 

ついでに高城の祖父も同じ香取郡(東庄町)の出身ということがわかり「これはもう行くしかないな」と弾丸取材旅行となりました。

※ 蔓延防止措置が解けるまで待ちました

※ 日帰りで二箇所は無理でしたので、またいずれ

 

2.うなぎと

佐原名物・うなぎ(川の近くの土地は大体名物ですが、老舗が残っているところは美味しい)

Dsc_0594

絶滅危惧種の話を知ってからめっきり食べなくなりましたが、うなぎは大好物です。

昔から「うなぎは専門店で食べるもの」というのが私の実家のならいでして、小さい頃は毎年浜名湖に通っていました。

夫婦でも湖畔の店に行きましたし、名古屋旅行をした際には熱田神宮前の「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食べたのも良い想い出です。

※ この時のひつまぶしを前にした笑顔の写真は、今も食卓に飾っています

 

今回は老舗のひとつ「長谷川」さんで頂きました。

熱々のご飯と頬張る身のふっくら加減、そして噛むとパリっとする焼きの絶妙さ、タレは濃いめでいくらでも白米が進む一品でした。

あとお茶も口当たりがまろやかで美味しかったです。(井戸水だから、と隣のテーブルで話していました)

 

 

3.伊能忠敬

伊能忠敬はもちろん知っていましたが、当地で活躍した商人であり、偉人であるとはまったく知らず。

Dsc_0614

婿養子という形ではありますが、名主としても佐原のために尽力したそうです。(地図を作ったのは隠居後)

元々歴史は好きでしたが、速水伝のこともあって人の来歴や土地の歴史に深い興味を持つようになりましたので、

こういう地元に根付いた記念館はとても興味深かったです。

 

 

4.佐原と土産とすずめ焼き

香取市立佐原小学校の裏手より、小野川(舟に乗って観光できるエリアの上流)

Dsc_0600

鰻を食べて、散歩して、記念館見学して、舟に乗って、それから帰宅したわけですが、

お土産を渡しながら速水父に佐原のことを報告すると、色々と昔話を聞くことができました。

速水伝に使えるもの、使わずに家伝として残すもの、等々いろいろあったのですが、

その中でまた一つ、点と点がつながるエピソードが。

 

結婚の前後しばらくの期間、速水の好物でもあった「すずめ焼き」というご飯のお供を貰っていたのですが、

このすずめ焼きが、佐原の名物でした。(当時は速水祖父も存命だったので取り寄せていた)

想い出話からこのすずめ焼きに話が繋がり、久しぶりに食べよう、という話になりまして。

 

ただいまお取り寄せ待ち中。久しぶりに食べる味、楽しみです。

 

 

補足:速水伝について

ちらちらと書いていたのでメモ程度ですが補足しておきます。

・速水貴帆の生涯を書いた人物伝(事実を羅列した家系図の発展版みたいな奴。たぶん家伝)

・”速水貴帆”と”速水作品”を描いた物語

・速水貴帆の人生を基にしたフィクション小説(私小説)

上記3つを頭の中でこねくりまわしながら資料収集をしています。

2022年2月27日 (日)

詩「今、この時」

今、この時

 

今この時

どこかの国に夕暮れが迫る時

 

今この時

カラスが空に飛び立った時

蛙が田んぼのあぜ道を横切る時

子が親の車椅子を押して歩きだした時

人を満載に乗せたバスが通り過ぎる時

ベンチに腰掛ける人が手に持った本に目を落とした時

すれ違った登山客が挨拶を交わした時

バッファローの群れが草原を駆けている時

高層ビルのエレベーターが上へ上へと昇っていく時

銃を持った兵士が見回りをしている時

 

今この時

どこかの国の夜が更ける時

 

今この時

スズメが幼虫を口で挟んだ時

子供が蟻を踏み潰した時

救急病院で患者の容体が急変した時

大きな交差点で車が衝突した時

繁華街の片隅で殴られた人が倒れた時

雪山を登っていた人が雪崩に巻き込まれた時

ライオンが獲物を捕らえた時

貧しい国で飢えに苦しむ人が息を引き取った時

紛争地帯で銃を構えあう二人が引き金を引いた時

 

今この時

どこかの国で朝が明ける時

 

今この時

ツバメが雛に餌を与えた時

卵から這い出たたくさんの子亀が海を目指して進む時

海辺の町の産院で新しい命が産まれた時

電車の中で若者たちが笑っている時

酒場で恋人同士が仲睦まじく会話している時

山頂にたどり着いた人が夜景を堪能している時

砂漠の水辺でオリックスが水を飲む時

森の中に生きる人が果物をもぎ取った時

戦場で休息する人が家族の写真を見つめる時

 

今この時

地球の一方を太陽が照らしている時

もう一方の空に星が輝いている時

 

今、この時

2022年1月29日 (土)

本年もよろしくお願いいたします&2022年の抱負

 

1月も終わりどころか、前回「年内には更新したい」と言っていたのですが...。

ともあれ月末とはいえ1月の話題として、思いつくままに今年の抱負を書いておきます。

反省会は年末にやればよいのです。(強引な遠投)

 

1.ブログは毎月1度は更新する

 すでに1月が末なんですが、定期的に更新する癖をつけたいです。

 サイトがあったころはしょっちゅう日記を更新していたので、できないことは無いはず。

 

2.2022年中に自分の小説を3本完成させる

 言うは易し。

 「終わらない物語ほど不幸なものは無い」というのが信条ですが、

 そう言っている自分が書き途中の作品を多数持っているのはどうかと反省しております。

 ...本当に反省していたら溜まっていないので、ともかく1作ずつ完成させていきたいと思います。

 書いていない期間にも新しいアイデアもポコポコ思いついておりまして、

 仕事も含めあれこれやっているものの、自分の本分はやっぱり創作だよなと最近つくづく感じております。

 

3.「速水貴帆」を伝える活動を継続的に行う

 昨年は本を2冊刊行し、イベントにも出ました。

 それ以外にもプランはたくさんありまして、それらを少しずつでも具体化していきたいと思います。

 もはやライフワークの位置づけですので、今年中に全部やるわけではありませんが。

 少なくとも通販は早くどうにかしたい。

 

4.引き続き、但し無理のない程度に、積極的に行動する

 主に昨年一年間の話ではあるのですが、

 気分転換というか焦燥感にかられてというか、たくさんの新しい経験をしました。

  古いこと、新しいこと、遠いところ、近いところ、懐かしいこと、未知のこと。

 正直やりすぎて処理しきれていないのですが、たくさんの情報を浴びることで磨かれたものもあります。

 体力的にも精神的にも疲弊したのですが、さほど後悔はしていません。

 やはりインプットは大切です。

 今年はほどほどにブレーキをかけつつも、引き続き積極的に動きたいと思います。

 

以上、高城道之の2022年の豊富でした。

前回も書いた「予定の詰め込み」は2月末にまで及んでいるので、まだ当面はバタバタしているんですけどね。

一つずつ一つずつ、着実に進めていこうと思います。

何しろ自分の人生は、自分が動かなければ前に進まないのですから。

 

それでは本年もよろしくお願いいたします。

 

2021年12月20日 (月)

[光の旅]今後の活動について・三回忌のご報告

長いような短いような、不思議な感覚ですが、あれから2年が過ぎました。

 

昨日(すでに一昨日ですが)、2021年12月18日、速水貴帆の三回忌法要を執り行いました。

「お別れ会とかやりたいな」ということも葬儀直前から思ってはいるのですが、

コロナ禍も小康状態とはいえこのようなご時世ですのでそうもいかず。

今回の儀式も近場の親族のみでのものとなりました。

大切なのは心ですし、遠方の親戚とも電話にてお互いの無事を確認することができましたので、

いまはひとまずそれで、と考えております。

 

Twitterでは心のままにつぶやいておりますので、それを見かけて思いを馳せて頂いた方、

あるいはこのブログを読んで思い出して頂いた方がいらっしゃれば、それだけで嬉しく思います。

 

思い出話をしようとすれば尽きることはないので、これ以上は止めておきまして、

今後の活動について。

 

サークル「光の旅」は主宰不在ですので、ひとまず活動停止となります。

今年発行の新刊含め、既刊の頒布については通販など含めて方法を考えてはおりますが、

当初やろうとしていた方法が実現できなかったので、そのまま遅々として進んでおりません。

いましばらくお待ちくださいませ。

以前より交流があり住所をご存じの方は、直接ご連絡頂ければ対応致します。

 

もう少し身の回りを整理しまして、年内にもう一度はブログを更新したいと思います。

 

 

(Twitterに書いていることも結構アレですが、

 書いていない部分でも今年は一年中あちこち動き回っています。

 そして年末に向けてもまだまだ予定を詰め込んでいるのですが、

 なんというか「とにかく動いている」という感じでして、そこはご容赦頂ければ幸いです)

2021年6月 6日 (日)

6月6日(日)コミティア136参加します [お16a]

当日の更新になってしまいました。

 

本日6月6日に東京ビッグサイト青海展示場で開催されるコミティア136に、

サークル「光の旅」として出展いたします。

スペースは[お16a]です。

 

新刊は2冊、小説「わたしの範囲」と「詩集 闘病詩」です。

紹介は 4月18日の日記 をご覧ください。

その他、既刊を何種類かと、「その後の詩」を4編掲載した挨拶ペーパーを持っていきます。

 

どうぞお立ち寄りください。

 

2021年4月18日 (日)

[光の旅] 新刊2冊発行のお知らせ

 

 

サークル「光の旅」の新刊2冊ができあがりましたので、お知らせいたします。

6月のコミティア136に当選すれば既刊とともに持っていく予定です。

※ 通販の準備もしていますが、ちょっと遅れております

 

☆ 小説「わたしの範囲」 A5・24p 300円 【発行日:2021年2月21日(COMITIA135)】

  • __1000

 「そして私は。 私には、何ができるのだろう。」

 

 何事もテキパキとしていて完璧な仕事ぶりの先輩社員・時田真利。

 いつも真面目で一生懸命だが、何かとミスの多いアルバイト・谷崎柚羽。

 明るく朗らかで、何事もそつなくこなす学生アルバイト・山根花音。

 書店で働く3人の女性の、いつも通りの一日。

 あきれ、あこがれ、あきらめ、あたりまえ......日々浮き沈む感情と、積み重なっていく思い。

 今日もまたただ通り過ぎるだけと思っていたその日、ほんの些細なきっかけが、彼女たちの心を動かす。

 

 速水貴帆らしい、真摯に「人の心の動き」を描いた短編です。

 

 

 

 

☆「詩集 闘病詩」 B6・92p 200円 【発行日2021年6月6日(COMITIA136)】

 Toubyoushi_sendenyou

 2014年1月末の入院から退院後約1年が経過した2015年5月までに綴った詩の中から、

 速水貴帆本人が編纂した、「光の旅」最後の発行物です。

 驚き、悩み、もがき、苦しみ......目の前に見えた光は希望か、それとも。

 立ち止まり、病と向き合い、そして前に歩き出すまでの心情の変化を、

 これも速水貴帆らしく、素直な筆致で綴った詩集です。

 

 

 

2020年12月19日 (土)

[光の旅] 速水貴帆および光の旅に関するお知らせ


ブログの更新は久しぶりとなってしまいました。

 

私、高城道之のTwitter@takagi424では触れておりましたが、

妻であり、サークル「光の旅」主宰の速水貴帆は、2019年12月18日に42歳で永眠致しました。

闘病開始から丸6年、皆様ともう一度お会いできる日を楽しみにしておりましたが、残念でなりません。

 

2014年の活動休止まで約20年にわたりサークル活動、執筆活動を続けてこられたのも、

ひとえに長年応援してくださった読者の皆様、ともに語り合った友人らのお蔭です。

故人に成り代わりまして、改めて生前のご厚誼、ご愛顧に感謝申し上げます。

 

「人の心の動きを描いた小説と詩」

近年のサークルカットに書いていた「光の旅」を紹介する一文です。

私自身も一読者としてその作品に惚れ、即売会で隣のスペースとなったことを機に交流を持ち、

そしてともに人生を歩んで参りました。

身内としての贔屓目を差し引いても、速水貴帆が描いたテーマは不変のものが多く、

時が過ぎた今読んでもなお、古びることが無い作品群であると思っています。

本人はこの世を去ってしまいましたが、

速水貴帆の作品が皆様の心に少しでも足跡を残していれば、この上なく幸いです。

 

 

一周忌を終えまして、今後の活動について以下の通りご報告いたします。

 

1.今後のイベント参加について

 2021年2月のコミティアに「光の旅」名義で申し込みました。

 コロナ禍により友人知人も含めご挨拶できていない方がまだ多いこと、

 またコミティアが「光の旅」の主な参加即売会であったことも合わせて、

 追悼とお別れの挨拶、そして遺された新刊の頒布の場としてあと1、2度は参加したいと考えております。

 (今回は抽選になるようですので、結果についてはまたご報告いたします)

 

 

2.速水貴帆の新刊(遺作)について

 上記で“新刊”と書きましたが、生前に託された作品がありますので、

 即売会参加にあたってはそちらを新刊として持っていくことを予定しております。

 

① 詩集「闘病詩(仮)」

   過去のブログにて告知し、小説家になろうに掲載した10篇と、

  産経新聞「朝の詩」に掲載頂いた詩をまとめた小冊子の作成を予定しています。

 

② 詩集「速水貴帆選 闘病詩集(仮)」

   速水貴帆が生前に編纂し、出版社への持ち込みを企画していた原稿です。

  残念ながら出版社一社に送付してその感想を頂いたところで止まっておりましたが、

 速水貴帆自らが選び、発行を望んでいた「詩集」ですので、遺志を継いで刊行致します。

 なお、内容が①と被る場合には①の内容と頒布形態を調整するつもりです。

 

③ 小説「わたしの範囲」

  2014年2月コミティア(入院により欠席)にて発行予定だった小説新刊です。

 紙原稿に誤字脱字の赤字を入れた状態ではあるものの、作品としては書き上がっていること、

 また本人から死後の発行については任されておりましたので、遺作として発表いたします。

 (発行は2月以降になるかもしれませんが...) 

 

 

3.私(高城道之)の速水貴帆に関する今後の活動について

 上記②の詩集編纂は2015年頃のものであり、その後も速水貴帆は100篇以上の詩を書いておりました。

 私もまだすべてに目を通したわけではありませんが、速水貴帆らしい詩がたくさんあります。

 そして何より、その時々の揺れる心や、命と向き合った真摯な詩が多く、胸を打つ作品が多くあります。

 一ファンとして、そして夫の役目として、これらの詩集を何らかの形で世の中に出すことを、

 私高城道之の今後の活動として進めていく所存です。(一周忌にて親族にも宣言しました)

 

 なお、これは同人誌ではなく、出版社からの発行として書店流通に乗せる予定です。

 当然ながら現在の出版市場では困難な道で、時間もかかることかとは思いますが、確固たる決意で取り組みます。

 (もちろん完成の暁にはコミティアでも販売をする予定です)

 

 

以上大きく3点を今後の活動としてご報告申し上げ、本日のブログを締めさせていただきます。

改めまして、速水貴帆に関わってくださった皆様に最大限の感謝を申し上げます。

どうもありがとうございました。

2015年11月 8日 (日)

【告知・光の旅】新作の詩「闘病詩」を「小説家になろう」に掲載しました

サークル「光の旅」より告知です。

速水貴帆の新作の詩集「闘病詩」を、
投稿サイト「小説家になろう」にて、掲載開始いたしました。

これから少しずつ更新してきますので、見て頂ければ幸いです。

作品ページ:http://ncode.syosetu.com/n7693cy/

>オフラインの方向け
新ペーパーを近日発行予定ですので、
ご覧になりたい方は、「82円切手」と「宛名シール」をお送りください。
住所宛先は前回のペーパー等に記載されております。

2014年12月31日 (水)

年の瀬のご挨拶[伝祥社][光の旅]

 こんばんは高城です。
 紅白をBGMにしながらご挨拶です。
 大晦日らしく、先ほど夫婦で年越しそばを食べました。

 二人揃って食事をする。

 結婚して9年ほどたちますが、その一事がこれほどまでに幸せなことかとしみじみ噛みしめました。
 (天ぷらがカリっとして美味しかったです)

 昨年後半くらいから慌ただしくなり、振り返れば長かったようなあっという間だったような。
 ともあれ無事に年末を迎えることができてホッとしております。
 伝祥社の活動は何もできませんでしたが、来年はもう少し動いていければと思います。
 何をするか決まった時にはまた改めて。

 そうそう。
 年の最後に、速水の投稿が新聞に掲載されるという嬉しい贈り物がありました。
 見覚えのある名前を見つけた方は、ああ本人なんだと思って頂ければ。

以下、速水よりコメントです。

「入院中や退院後、お手紙やメールをくださった皆様、ありがとうございます。
 日々を乗り越える励みになりました。
 今は、2014年を無事に終えることができたのが何より嬉しいです。
 今後の「光の旅」についですが、イベントに参加したい気持ちはありますが、
まだ体力的に難しく、お顔をお見せできるのはしばらく先になりそうです。

 各方面のCMペーパーへの参加は再開しておりますので、見かけた方はお手紙いただければ嬉しいです。
 インフォメペーパーは、年明け落ち着いた頃に新しいのを作ろうと思っています。

 来年もどうぞよろしくお願いいたします。」


 それでは皆様。どうぞよいお年をお迎えください。

2014年11月30日 (日)

近況報告と[光の旅]ペーパー発行のお知らせ

高城です。

しばらく更新が途絶えておりましたが、とりあえず近況の報告だけでも。
イベント参加の予定が無くてもこうも早く時は過ぎるのかと思うと衝撃ですね。
私はともかく、速水はかれこれ20年あまりイベントに出続けておりますので、
丸1年の不参加というのは人生の一大事だと思います。
(実際一大事だったわけですが)

私の方も方々に不義理をしております。申し訳ありません。

近況としては、山谷あるものの、大きく捉えれば前に進んでおります。
速水も「コミティアにお客として行けるかな」という言葉がでたくらいには精神的にも回復してきておりますので、事前の想定よりも遥かに早く、イベントに再び顔を出すことができるかもしれません。(体力的には論外ですが、気力は十分)

来年の活動についてはまだ未定ですが、一つだけお知らせを。
サークル「光の旅」のインフォメペーパーNo,189が発行されました。
文通や通販をご利用の方々に宛てて、近況報告として少部数発送したものです。
イベント配布の予定はありませんので、もしご興味がおありの方は通販でご請求ください。

・・・しかしペーパーナンバー189ってすごいな。
イベントごとに発行しているらしいので、それだけ参加しているわけですね。
ちなみに、当面はイベント参加ができなくても近況報告として発行するとのことです。

そういえばブログの更新はできませんでしたが、速水の詩が産経新聞の朝の詩に掲載されました。
10月なので随分前の話ですが、本人の感激もひとしおでした。


年内にもう一度は更新をする予定ですが、先にまとめておきます。
今年は「おかげさまで」という言葉の美しさと、その言葉が湧き出てくる気持ちを強く実感した一年となりました。
この場を借りて、周りの人すべてに感謝を。
ありがとうございました。

そして今後ともよろしくお願いいたします。

«[光の旅]速水貴帆よりご挨拶